>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

スタージョンの法則 ~駄作の存在が名作を生む@050

「SFの90%はクズである。ただし、あらゆるものの90%はクズである。」

キノコ雲

文学におけるパネルディスカッションにおいて、「SFの90%はクズじゃないか」と批判されたSF作家シオドア・スタージョンが、「それならば、あらゆるものの90%はクズだ」と反論したことが起源とされている法則です。

一方で、「一定の名作を生むジャンルには、常に多量の駄作が存在する」という捉え方をすれば、多量の駄作が存在しないジャンルからは、名作が生まれることはないと解釈することもできます。

多くの駄作が存在するからこそ、そこに市場が存在し、そのジャンルが確立され、やがては名作と呼ばれるものがそのジャンルから輩出されると言うわけです。

| スタージョンの法則 | 12時00分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

>> EDIT

鏡の法則 ~自分自身を映し出す鏡の存在@049

「自分の人生に起こる問題の原因は、すべて自分自身の中にある。」

湖の鏡

私たちの人生の現実は、私たちの心の中を映し出す鏡であるという考え方です。

鏡の法則で特に大事なのが家族の存在で、家族こそが自分自身のありのままの姿や、光と影を映しだしてくれる鏡のような存在であると言えます。

子供や奥さんに嫌な面を見たら、それは自分に嫌な面があることを忠実に映しだしていると思うべきでしょう。

なぜ家族が一緒に暮らしているのかと言えば、そこにお互いの学びがあるからです。

家族の嫌な面を見るたびに、自分はどのような学びを得るべきなのかを考えなければならないし、その学びを得ることができなければ、家族のためにとやっていたこと自体が家族の崩壊を招くことに繋がりかねないのです。

| 鏡の法則 | 12時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ラベリング理論 ~社会のレッテルが逸脱者を生む@048

「集団社会は、これを犯せば逸脱となるような規則をもうけ、それを特定の人々に適用し、彼らにアウトサイダーのラベルを貼ることによって、逸脱を生みだすのである。」

金髪

社会から逸脱した行為を行う人は、その人の逸脱行為の動機や原因を問題とするのではなく、周囲の人がその人にラベリング(レッテル貼り)することによって逸脱者になっていくと考えたものです。

本人が「不良ではない」認識のもとで髪を染めたとしても、社会の認識では髪を染める行為を「不良である」と適用し、髪を染めた人に対して不良のレッテルを貼ることで、その人が本当に不良になっていくというものです。

子育てや教育、仕事の場においても、その人のもつ欠点ばかりを指摘し「問題児だ」とレッテルを貼ることで、他にどのような美点をもっていたとしても、ラベリングによる周囲の扱いがその人の美点を駆逐し、やがては本当に問題児になっていくのだと考えられます。

人は良い面も悪い面も必ずもっているものです。

人の悪い面ばかりに注目するのではなく、良い面を伸ばす意味でラベリングしてあげることが大切なのではないでしょうか?

| ラベリング理論 | 12時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハロー効果 ~権威付けの心理効果@047

「ある対象を評価するときに、顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。」

太陽の光

ある有名なタレントが通じた商品のCMによって、商品を実際に使ったことがなくても良いイメージを与えてしまうような心理効果のことを指します。

ある有名大学を卒業した人に対して、「◯◯大学出身だから」という理由から、学力のみならず人格的にも優れていると思い込んでしまうケースも、ハロー効果による権威付けの効果と言えるでしょう。

反対に、不祥事を犯した有名人がある有名大学の出身だとした場合、「また◯◯大学出身か・・・」と当事者のみならず、◯◯大学の評価まで低下させてしまうケースも、この効果の特筆すべきところでしょう。

人の評価とは、大まかなところから判断されているということが、この法則からも理解できますね。

| ハロー効果 | 12時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カタルシス効果 ~ストレス一日決算のススメ@046

「体内にたまった汚物を体外に排出し、体内を浄化することの意。」

カタルシス

たまったストレスはその日のうちに発散してしまうことが望ましく、これを「ストレス一日決算」と呼びます。

多くの人がストレスを解消できず、日曜日の夕方にサザエさんを見ると憂鬱な気分になってしまう「サザエさん症候群」に陥ってしまうのは、1週間分のストレスを週末に一気に発散させようとする「ストレス一週間決算」をすることにあります。

一日決算であれば、解消できないストレスの残量は少なくすむとともに、翌日に持ち越すことで解消できることができる反面、一週間決算の場合はストレスの持ち越しが多すぎるため、解消できないストレスがどんどんたまってしまうのです。

ストレスを発散すための最良の方法は、大声で笑うことだと言われています。

一日の終わりは笑いにあり。

このような生活を心がけることが、ストレスフリーになる秘訣なのですね。

| カタルシス効果 | 12時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。