<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ヤーキーズ・ドットソンの法則 ~セルフマネジメントの大切さ@053

「覚醒レベルが高くなるに従って、ほぼ比例的にパフォーマンスは増す。」

「最適なレベルを越えて強い情動が喚起されるような状態になると、パフォーマンスは低下する。」


野球選手

活動には最適な興奮状態があり、緊張したり力みすぎたりしては、しかるべきパフォーマンスを得ることができないと言うものです。

最適な興奮状態がどの程度なのかは、活動の難易度によって変わります。

課題が比較的やさしい場合は、高い刺激や覚醒状態で臨む方が良いとされており、、課題が難しい場合は、刺激や覚醒状態が低い状態、いわゆるリラックスした状態で臨む方が、パフォーマンスを発揮しやすいと言われています。

プロのスポーツ選手が常に興奮状態で試合に臨んでいたら、絶対に良い結果は出ませんし、サラリーマンが興味の湧かない仕事をこなすのにリラックスした状態では、居眠りしてしまうでしょう。

深呼吸をして興奮状態や緊張感を緩和すること、あるいは、自分自身にご褒美を用意してモチベーションを上げるなど、活動に応じたセルフマネジメントを心がけることが大切なのですね。

| ヤーキーズ・ドットソンの法則 | 08時32分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑















非公開コメント:

http://jinseinohousoku.blog.fc2.com/tb.php/60-ae0c68c8

まとめtyaiました【ヤーキーズ・ドットソンの法則 ~セルフマネジメントの大切さ@053】

「覚醒レベルが高くなるに従って、ほぼ比例的にパフォーマンスは増す。」「最適なレベルを越えて強い情動が喚起されるような状態になると、パフォーマンスは低下する。」活動には最...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/06 14:03 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。